⑤変革期(2011年~)変革の力で、新たな可能性を切り拓く

’11年の東日本大震災・福島原発事故は、国や政治に対する不信感を募らせる。

そこから生じた危機感は、脱強制の意識を生起させ、「自分たちの手でつくりだす力」を渇望する。

この主体意識の大潮流は、概成の枠から解放された追求を生み、組織・事業の大変革を促していく。

①大人といっしょに議論する類塾のグループ追求

②類農園直売所「西中島南方店」のにぎわい

③共同保健室の様子

④週刊事実報道新聞

⑤教育イノベーション・コンサルティングの提案

⑥イノベーション・コンサルティングで構想中のプロジェクト

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
  • ①大人といっしょに議論する類塾のグループ追求
  • ②類農園直売所「西中島南方店」のにぎわい
  • ③共同保健室の様子
  • ④週刊事実報道新聞
  • ⑤教育イノベーション・コンサルティングの提案
  • ⑥イノベーション・コンサルティングで構想中のプロジェクト

その他、業務構造の変遷

  1. ②拡大期(1980~1991年)「事実の共認」が統合軸

  2. ④展開期(2003~2010年)私権の終焉と共認収束の高まり

  3. ③転換期(1992~2002年)自分からみんなへ、活力源の大転換

  4. ①創立期(1965~1979年)時代の転換期と類設計室の創立